1日500人の中絶

先日、書店で『選べなかった命 出生前診断の誤診で生まれた子』(河合香織著)という、出生前診断では健常と出ていて、先天的に障碍をもって産まれ、間もなく亡くなった赤ちゃんのご両親が、診断先を訴える旨が書かれた本を見かけました。

私はこの両親に強い憤りを感じました。

というのも、大東亜戦争後、中絶により、母親に殺され続けている胎児の数は届け出だけでも7,600万人に達し、実数はその2〜3倍に上るそうです。ただいまも1日500人が葬り去られている計算です。軽く1つの学校の生徒がいなくなると考えるとゾッとしませんか?

これらの数は、生命尊重センターという、私が信頼する方々のパンフレット『お腹の赤ちゃんとお母さんを温かく迎えるまちづくりへ』より引用しており、信用できます。

作家の曽野綾子氏は「大東亜戦争の死者は300万人前後。戦後の人工妊娠中絶数は一億以上。大東亜戦争の33回分の人の命を、私たち日本人は中絶で奪った。」とおっしゃっています。

兵隊さんはおおかた男の人でしょうから、それを上回る女性たちが殺りくを続けていると考えると、私は正直、なんて国に生まれたんだろうと悲しくなると同時に、抵抗できずに殺されていった赤ちゃんたちはどんなに哀しかっただろうと涙が止まりませんでした。

出産する・しないの権利があるという意見もあるけれど、では何も抵抗できずに殺されていった赤ちゃんの権利はどうするんですか?と言いたい。

やむを得ない理由で中絶せざるをえないという意見もあるけれど、赤ちゃんは受精卵として芽生えて、生きていこうとする力があるんです。この世に生まれてその人だけの使命を果たそうとしているんです。どんな理由であっても、中絶は人殺しです。

ちなみにこういった記事に傷つくという意見もありますが、赤ちゃんはお母さんに殺されるという、精神的・身体的な最大限の傷つきようで、それに比べたらどんなにかと思います。

どうしても子どもがほしくない方は、産まれてから、福祉施設や子供がほしい方に差し上げればいい。

少子化で日本の国力が、外国からの防衛でも経済面でも脆弱になり、自分の首を絞めている(私やほかの方にとってはいい迷惑ですが)ことに気づいてほしい!

こういった女性たちから育まれた人間が人を尊ぶことができるはずがなく、近年増加し続ける子どもの虐待死・いじめはさもありなんと思えます。

この記事がすべての日本人に読んでいただき、事実を認識していただきたいと思います。

"子は宝"と、赤ちゃんを授かったことを喜び、歓迎する、かつての日本にいたしましょう!

한국의 엉터리 반일 교육 초등학교 교과서에 "가짜 징용 공 사진 '게재

오늘의 산케이 응용 프로그램을 제공합니다.

한국 분은 사실을 인식해야합니다.

한국의 엉터리 반일 교육 초등학교 교과서에 "가짜 징용 공 사진 '게재

https://www.zakzak.co.jp/soc/news/190320/soc1903200013-n1.html

韓国

先日、アプリ『産経プラス』に載っていた、喜多由浩氏の『韓国でも日本人は立派だった 証言と史料が示す朝鮮統治の偉業』が信頼性があり、勉強になりそうです!

紹介者の加地伸行氏は日本人が朝鮮人をばかにしていたことはなきにしもあらずとおっしゃってますが、近年のいわゆる慰安婦問題、徴用工問題、レーダー照射問題、天皇陛下への無礼を鑑みるとき、人としての美しさに欠ける醜い行為と言わざるをえず、先人のご先祖様たちも、朝鮮人のそういった民族性を把握していたとすれば、そういった面は否定せざるを得ないと思います。

そういった中でも、朝鮮人の実相を見つめようとした姿勢は、ただいまの私にはものすごく難しいことであり、尊敬に値すると思います(笑)

よろしければ、ご参照ください↓

https://www.sankei.com/life/news/190317/lif1903170023-n1.html

韓国

先日、アプリ『産経プラス』に載っていた、喜多由浩氏の『韓国でも日本人は立派だった 証言と史料が示す朝鮮統治の偉業』が信頼性があり、勉強になりそうです!

紹介者の加地伸行氏は日本人が朝鮮人をばかにしていたことはなきにしもあらずとおっしゃってますが、近年のいわゆる慰安婦問題、徴用工問題、レーダー照射問題、天皇陛下への無礼を鑑みるとき、人としての美しさに欠ける醜い行為と言わざるをえず、先人のご先祖様たちも、朝鮮人のそういった民族性を把握していたとすれば、そういった面は否定せざるを得ないと思います。

そういった中でも、朝鮮人の実相を見つめようとした姿勢は、ただいまの私にはものすごく難しいことであり、尊敬に値すると思います(笑)

よろしければ、ご参照ください↓

https://www.sankei.com/life/news/190317/lif1903170023-n1.html

国連

ケント・ギルバート氏の『日本覚醒』を読んでおります。

氏によると、国連は第二次世界大戦戦勝国により作られ、United Nationsー直訳は連合国で誤訳だそうです。

ただいまは政争の場と化しており、昨今、根拠となる資料が開示されないまま南京大虐殺が登録されたり、日弁連が日本政府に訴えることもなく、前述で述べた慰安婦問題を取り上げたりと、真実味がなく形骸化されているのが実情だそうです。

『歴史戦の真実 米国人ジャーナリストがただす本当の歴史と日本』

本日のアプリ『産経プラス』の記事『歴史戦の真実 米国人ジャーナリストがただす本当の歴史と日本』によると、当事者ではない、第3者の米政府が、韓国が主張する慰安婦の実態を、7年間、$3,000万を使い調査した「IWG報告書」によると、日本政府や日本軍による売春強要はなかった事実を報告しております。

南京大虐殺』も虚構ということが裏付けられているそうです。

日本国内外の反日勢力による、貶められた日本像が多い中、基本的に人を疑い、完全なる神様の目を通して、信憑性のある情報を集めることが肝要ですが、この記事が全ての日本人・韓国人・中国人・世界中の人々に読まれることを希望してなりません。

子ども専用車両

職場の方が利用される電車で、子ども専用車両を希望される方がいらっしゃったそうです。

そこで、「子どもがいない人が傷つく」と反対される女性がいらっしゃったとのこと。

私は"子は授かりもの"精神"であるがままを受け入れているので、本当に赤ちゃんを切望される方の辛さがわかり切れないかと思いますが、ここでのお母さん方は、お子さんや周りの方への配慮で申し出られたのかと思いますし、お子さんがいらっしゃらない方は、ご自身の不満を主張されていると分析されます。

子どもを持たない方には厳しいかもしれませんが、お互いの立場を思いやることが、人としての美しい生き方ではないでしょうか?

ますます大きな器になる成長過程にいるのだと、自己中心的でなく、他者を思いやれる人になりましょう!